2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真イフリート討滅戦 

白魔Lv50になりメインクエストも終了し、真イフリート・真ガルーダ戦までクリアしてレリッククエもドルムキマイラ戦まで完了。という状態の今日この頃です。

そんなわけで今回はまず真イフリート討滅戦について。白魔視点。特に攻略というような大層なものではありません。解説のような?

真イフリート討滅戦

強くなって帰ってきた蛮神戦の一戦目。Lv20の討伐戦よりも行動パターンが増えています。ですがパターンさえ覚えてしまえばとたんに楽勝に感じてしまう相手なので、まずは見て覚えるのがいいと思います。私はパターンがあるということに気づくまでにけっこうな戦闘回数を要しました…


まずは開幕、メインタンクが突っ込み、タゲを取ります。その際に高威力・詠唱なし&不可視の前方範囲攻撃、インシネレートという火炎放射を使用してきます。メインタンクと、場合によっては一緒に突っ込んだDPSもけっこうなダメージを食らいますので、まずはこれを回復します。以降インシネレートは避けられないという前提で、常にメインタンクのHPに気をつけます。

タンクはそのまままっすぐ円形のフィールドの外周までイフリートを引っ張って、イフリートに外周を向かせて位置を固定して戦うのが一般的な戦闘方法だと思います。ヒーラーの位置取りは、メインタンクにギリギリでケアルが届く距離がいいです。これだけ離れていれば、イフリートを中心とした範囲+吹き飛ばし攻撃のバルカンバーストに当たらずに済みます。バルカンのダメージは大したことがないですが、後ろや横にいるサブタンクと近接DPSは大きく外側に吹き飛ぶので、必要に応じてリジェネやストンスキン等の支援を飛ばします。

戦闘が進むと、ランダムターゲットでPCの足元に地割れのエフェクトが起き、何もしないでいると爆発して大ダメージを受けます。このエラプションは基本的にサブタンクがスタン技で発動を止める算段になっているはずなので爆発することは少ないのですが、たまにレジられたりして止められないこともあるので、安全のためにも足元にエラプションが出た場合そこから離れるようにしましょう。

その後イフリートがワープ、外周に出現し(位置はランダム)そこからフィールド中心を通って正面へ抜ける突進を繰り出してきます。戦闘が進むと出現数が増え、最大3体が円周上に並び、1体ずつ順番に時計回りに突進を繰り出すようになります。イフリートの正面にいるとダメージを受けます。これは気合で避けましょう。複数体出現している時は、イフリート同士の間が安全地帯だったりするので、走りこめば攻撃を受けずに済みます。必ずフィールド中心を通るので、外周寄りに位置取っているほうが避けやすいと思います。

イフリートのHPが60%付近になると、光輝の円柱という地面設置の範囲攻撃が追加されます。見た目が食べ物のサラミに似ているので通称サラミだそうです。これは設置パターンが完全に固定で、最初に外周全体を囲むように出現する外サラミ、次にフィールド中央に出現する内サラミの2パターンの繰り返しです。外を避けたあとそのまま中央付近にいると、内サラミを避けきれなくなるので移動しながら支援します。バルカンも使ってくるので、イフリートとの距離にも気をつけます。

HP50%付近でフィールド上に炎獄の楔を4本召喚。PTに黒魔道士か召喚士がいる場合は、リミットブレイクのメテオでまず全体攻撃をして、順次破壊します。魔法攻撃職がいないPTの場合は、近接DPSのリミットブレイクで1本ずつ破壊します。破壊し切れなかった場合、次に来る地獄の火炎で全滅する恐れがありますので全力で。破壊している間もタンクはイフリートの攻撃を受け続けているので、ヒーラーはこちらの回復を優先します。
誰がリミットを使うかを開始時に取り決めておくと、事故がなくていいと思います。
楔を壊しても壊せなくても、イフリートがワープ、中央に出現後全体攻撃の地獄の火炎を発動するので、詠唱に合わせて、持っていれば堅実魔や迅速魔を併用してできる限りすぐにメディカラで全体回復をします。

地獄の火炎を乗り切ると、イフリートの行動パターンが増えます。エラプションの数が増え、連続で食らうと即死する場合もありますので、サブタンクさんを信じていても足元に出たらすぐ回避行動を。光輝の円柱(サラミ)も外周・中央に加えてフィールド全体を覆うパターンが追加されます。これはイフリートの足元のみが安全地帯で、ここに逃げ込むことで回避できます。設置のパターンは外→内→全体の順番でこれの繰り返しです。内サラミのあとにイフリートの足元に向かえば全体サラミの回避に十分間に合います。全体サラミの後はバルカンバーストを使用してくるので、足元で回避したらすぐに距離をとると吹き飛ばされずに済みます。


ここからはパターンの追加はないので、攻撃して回避して支援して倒すのみです。


慣れないうちは、全滅したり全滅しそうになったりということがあるかと思いますが、白魔道士・学者・吟遊詩人はリミットゲージ3本消費で全体回復+蘇生を行うことができます。タンクとヒーラーが生き残っていればゲージを溜めて立て直すことが可能です。攻撃パターンがわかっていれば死ぬ確率はかなり低くなると思いますので、あきらめずにがんばりましょう。
あとこのリミット技ですが、自分中心の範囲回復&蘇生なので、範囲には注意が必要です。戦闘不能状態だった人は発動後即その場で蘇生されるため、起こすタイミングも大事です。また使用者は祈りを捧げているモーションの間無防備なので(けっこう長い)、そのまま攻撃されて自分が死ぬ可能性もあります。気をつけましょう。



以上、武器を手に入れる頃にはすっかり慣れている、そんな真イフリート討滅戦のなんとなくな解説でした。
私が杖を手に入れることができたのは12戦目でした…まぁまぁかな?
[ 2013/10/10 21:21 ] FFXIV日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://divinely.blog56.fc2.com/tb.php/395-ffec10a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。